やす。<【CC道場】今年最後のキャッチコピー道場>

 無料レポート
【やす流!】
『ブログ感覚でメルマガアフィリエイト』

アフィリエイトやってみたいケド、時間がない…。超!多忙なサラリーマンのアナタにこそおすすめの手法です。

ブログの記事をそのまま貼り付けるだけでメルマガの完成!!
ブログもかけてメルマガも出来あがっちゃう、まさに一石二鳥の方法ですよ♪

   

お読みになりたい方は下のフォームからご請求頂けます。
メールアドレス

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者のやすにより、メルマガ名「ネットで起業 忙しい人でも成功する33の極意」(メルマガID:0000206058)に代理登録されます。メルマガは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。
※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000206058.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。    

2017年12月31日

やす。<【CC道場】今年最後のキャッチコピー道場>



アフィリエイト




─────────────────────
▽一見の価値あり!質の高い無料情報
─────────────────────

★本日終了★リスト0で集客をするプロ

リスト0、知識0、経験0の状態から、
独自の集客ノウハウを駆使してたった半年で
1000人以上の人を集めた方法が無料公開中!

http://webarc33.sixcore.jp/yasu/12287/

※リスト0で集客できる秘密を
知ることができるは本日までです!

─────────────────────




こんばんは、やす。です。


【CC道場】
=キャッチコピー道場へようこそ!

メルマガの件名や
ブログのワンフレーズ、
社内プレゼン資料に
セールスレターに…etc.

何かと役立つ
キャッチコピーを
伝授していきます!


─────────────────────
◆反対の言葉を同時に使う
─────────────────────

ついに2017年最後の
キャッチコピー道場です!


こうやって1年間、
CC道場をお届けできたのも
いつもご覧いただいている
読者様のおかげです。

本当にありがとうございますm(_ _)m



自分で言うのもアレですが、
CC道場のクオリティで
キャッチコピーを解説している
無料メルマガは他に正直ありません。

忙しい中、せっかく
読んでくださっているのですから
無料だからといって
全く手を抜いていません!


これからも、

・分かりやすい
・即実践で使える!
・すぐに読める

をモットーとしたCC道場を
お届けしますので
よろしくお願い致します。



さて、本日は
一つのキャッチコピーの中に
反対の意味を持つ言葉が入った
ものを伝授します。



まずは、例文をご覧ください。


★━━━━━━−−−−−−−

「なぜ、集客とセールスの
自動化はいつも失敗するのか?
ゼロから始めて仕組みを育てる
王道のWEB集客術」

(厚有出版より引用)


「なぜFXトレードの自動化に
頼ると利益が出ないのか?
どんな相場でも一生使える
王道の裁量トレード術」


「なぜリサーチを自動化すると
利益が半減するのか?
ごっそり利益を取る
王道の店舗せどり術」

…etc.

−−−−−−−━━━━━━★


テンプレートにすると

「なぜ+自動化は失敗するか?
+王道の+ノウハウ」

となります。



テンプレートにすれば
一目瞭然ですが、

「自動化」と「王道」

が反対意味を持つ言葉として
使われていますね。



今年はAIという言葉を
ひたらすら耳にしたと思います。


何でもかんでも自動化
したがる世の中だからこそ、

自動化に警鐘を鳴らし、
王道(手動)の手法の優位性を
訴えることは非常に効果的です。



今日伝授したテンプレートに限らず
反対の意味を持つ言葉を
同時に登場させるというのは

よく使われるテクニックの
一つなのでぜひマスターしてください!



────────────────────────
▽安川等メルマガ バックナンバー
────────────────────────

稼ぎに直結する情報の宝庫!
バックナンバーを期間限定で公開中。

http://webarc33.sixcore.jp/yasu/12288/


現在、絶賛公開中の

「キャッチコピー道場
=CC道場」

はアフィリエイト歴
10年以上の私が実践で
即使えるテクニックを厳選して
お届けしています。


使い勝手の良い
キャッチコピーを
マスターして

開封率UP、成約率UP、
離脱率DOWNにぜひ
お役立てください。





いつも最後までお読みいただきありがとうございます

感謝いたします。