7月1日(日)大阪説明会開催します!

 無料レポート
【やす流!】
『ブログ感覚でメルマガアフィリエイト』

アフィリエイトやってみたいケド、時間がない…。超!多忙なサラリーマンのアナタにこそおすすめの手法です。

ブログの記事をそのまま貼り付けるだけでメルマガの完成!!
ブログもかけてメルマガも出来あがっちゃう、まさに一石二鳥の方法ですよ♪

   

お読みになりたい方は下のフォームからご請求頂けます。
メールアドレス

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者のやすにより、メルマガ名「ネットで起業 忙しい人でも成功する33の極意」(メルマガID:0000206058)に代理登録されます。メルマガは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。
※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000206058.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。    

2018年06月20日

7月1日(日)大阪説明会開催します!


介護界に革命をもたらす
最新鋭介護ロボットの発売開始まで
あと2か月になりました。



寝たきりの患者さんの
夜中のおむつ替えを
無くせますので


介護する方も、介護される方も
不安やストレスが無く、
夜間、グッスリと眠ることが
出来るようになります。


この介護ロボットを分かりやすい
表現で言えば


「ベッド型ウォシュレット」


になります。


大便でも小便でも
排泄を瞬時に感知し、


自動で処理してくれる
シャワートイレ式
介護ロボットになります。



・排泄物を自動で感知し吸引
・温水洗浄
・温風乾燥


までを、すべて自動でしてくれますので
家族やヘルパーさん、介護士さんの
夜間介護のご苦労の多くを解消することに
成功しています。


すでに旧型機が1000台ほど介護施設で
活躍していますのでその評判は上々です。


ただあまりに革命的だったので
旧型機を自分たちのものとして
売りたい悪質な輩が出現し、


商標権を奪っていき裁判まで発展した
負の経緯があります。


もちろん開発者であり販売者である
尾形先生の主張が全て認められ
裁判は事なきを得たわけですが、


長い期間販売中止を強いられたので、
今回は仕切り直しと言うことで、


スマホでの遠隔操作や軽量化などの
付加価値を上げて、新製品として
販売開始することになりました。



やはりこの介護ロボットの
最大のメリットは


おむつが不要なので、


・おむつ交換の重労働から解放
・おむつ代の節約ができて経済的


という点でしょう。


やはりおむつ交換は重労働なので
替える側も、替えられる側も
心理的・肉体的負担が大きいようです。


■介護する人の悩み

・排泄処理やおむつ交換が大変
・夜中に起される
・ニオイやヨゴレが気になる
・自分の時間がなくなる
・精神的にツライ
・悪いと思うが面倒になる


■介護される人の悩み

・介護する人に申し訳ない
・自分で排泄処理が出来ない
・おむつ交換などシモの世話はかけたくない
・生きる自信が持てない
・排泄物のニオイなどが気になる
・頼み事が言いずらい



このように介護者からすれば
やはりおむつ交換は負担が大きいですし、

介護される側も、

・恥ずかしい
・家族に負担をかけたくない


と言う引け目があります。




ライバル会社の
自動排泄処理ロボットは


排泄物の吸引用に穴の開いた
特殊おむつが必要です


この特殊おむつは1枚約500円と
結構な値段がかかります。


ただ今回の最新介護ロボットは
旧型機からそうですが
おむつが不要です。


ですから最低でも1ヶ月で


 500円x30日=15,000円


が節約できるわけです。


年金暮らしであったり、
経済的に厳しい家庭では
月に15000円の節約は
非常に大きいです。


介護の負担が減り、
節約にもなるのですから
まさに革命的ですよね?


今は日本だけですが
今後は世界にも普及していくのは
間違いないところです^^



メリットばかり書いてきましたが
デメリットも書きます。



デメリットは、


だれもが介護保険を適用
できるわけではない点です。


基本、この介護ロボットで
介護保険を適用できる人は
要介護4,5の方です。


要介護3以下の方は条件を満たせば
介護保険が適用されるそうですが、
それ以外の方は適用されないため
全額自己負担になります。



介護保険が適用されれば
基本的に9割が保険(補助金)から
負担されるので月々のレンタル代は
3750円で済みますが、全額自己負担だと
月々4万近くになるので、経済的に
余裕のある方で無いと難しいですね。



あとは重度の関節拘縮のある方や
重度の認知症、下肢切断の方で
おむつ部分を装着できない方などは
利用が難しいです。



また、平成27年8月1日以降、
一定以上の所得のある方は
サービスを利用した時の負担割合が
2割になります。


2割負担になるのは65歳以上の方で、
合計所得金額が160万円以上の方です。

(単身で年金収入のみの場合、
 年収280万円以上です)


以上がデメリットです。



今夏発売が決まっている
自動排泄物処理ロボットは


夜間の排泄問題を


「大幅に軽減してくれるもの」


として、介護現場から
大きく期待されているものです。




この革命的な介護ロボットが
介護保険の適用で、月々4000円以下で
レンタルができるようになれば


寝たきりの家族がいるご家庭や
介護施設・病院はどれだけの
手間、そして人件費が減るでしょうか?



介護施設や自宅介護の現場では
寝たきり老人の排泄問題、特に
眠る事さえままならない
夜間は大きな悩みです。


自分の親であっても
毎日のように夜に起こされて、
おしっこやうんちのおむつを
交換するのは、本当に大変な負担です。



この問題を解決する最新介護ロボットを
独占的に販売できる権利を得るチャンスが
今だけあります。


もしあなたが会社の社長だったり、
個人事業主ならば、


今からこの分野に参入することを
しっかり考えてみませんか?


そのビジネスのお話を7月1日(日)に
新大阪で開催いたします。


案内PDF⇒ http://rac358.info/open/Osaka0701.pdf"




参加予約はこちらからお願いします。

https://canyon-ex.jp/fx2222/tAyfc8

  ※紹介者欄には「安川」
   と入れておいて下さい。



説明会のスピーカーは、
この介護ロボット開発者であり
この分野の第一人者である
尾形先生です。



デモ機で実演しながらの
説明会ですのでその良さを
体感できると思います。



奇跡的な金額で代理店になれ、
代理店になれば今後どのような収入を
得られるのかが分かる説明会です。


今後の超高齢化社会に向けて
急成長中の介護ビジネスですので
新しいビジネスをお探しのあなたは


尾形先生のお話だけでも聞いておくと
大変勉強になります。


尾形先生の話を「無料」で聞ける機会は
滅多にありません。



尾形先生から直接参入のチャンスの話を
聞きたい場合はこの機会を逃さないでください!


案内PDF⇒ http://rac358.info/open/Osaka0701.pdf"





参加予約はこちらからお願いします。

https://canyon-ex.jp/fx2222/tAyfc8

  ※紹介者欄には「安川」
   と入れておいて下さい。





関西地方の方の
ご参加をお待ちしております^^