やす。<【CC道場】四文字熟語で作るキャッチコピー>

 無料レポート
【やす流!】
『ブログ感覚でメルマガアフィリエイト』

アフィリエイトやってみたいケド、時間がない…。超!多忙なサラリーマンのアナタにこそおすすめの手法です。

ブログの記事をそのまま貼り付けるだけでメルマガの完成!!
ブログもかけてメルマガも出来あがっちゃう、まさに一石二鳥の方法ですよ♪

   

お読みになりたい方は下のフォームからご請求頂けます。
メールアドレス

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者のやすにより、メルマガ名「ネットで起業 忙しい人でも成功する33の極意」(メルマガID:0000206058)に代理登録されます。メルマガは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。
※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000206058.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。    

2019年05月02日

やす。<【CC道場】四文字熟語で作るキャッチコピー>



アフィリエイト




─────────────────────
▽一見の価値あり!質の高い無料情報
─────────────────────

あなたが投資家として活躍できる最適な国は
ココ!低リスクで投資やビジネスができる
今アツい海外を紹介します。経験、人脈0でも
巨人の肩に乗り最短で投資家へと駆け上がる方法

http://rac358.net/r/a89d7w

─────────────────────




こんばんは、やす。です。


【CC道場】
=キャッチコピー道場へようこそ!

メルマガの件名や
ブログのワンフレーズ、
社内プレゼン資料に
セールスレターに…etc.

売上アップに直結する
キャッチコピーを
伝授していきます!


─────────────────────
◆女性向けなのに目に入ってきた
─────────────────────

今日は日本人ならではの
キャッチコピーを伝授します!



先日、JRの駅にいたら
とある広告が私の目に
思わず飛び込んできました。


その広告がコチラです。

 「全身彫刻」

(SHIENAより引用)

そう、漢字四文字だけの
超シンプルなキャッチコピーです。


日本人は小学生の時から難しい
四字熟語をたくさん勉強して、
慣れ親しんでいますから
思わず目に止まったのでしょう。



そして、その近くにある
フレーズを見てみると

“大人の女性に本当の
エステティックを
100%完全オールハンド
彫刻のような美容整体技術”

と書かれていました。




つまり、ターゲットは
大人の女性であり、私は
1ミリも関係なかったのです笑


よく内容を見ると興味が
ないはずなのに、漢字四文字が
フックになって嫌でも
目に入ってきたわけです。


まずは注目させることが
キャッチコピーの使命なので、
役割をしかっり果たしている
ということになります。



そこで、本日は漢字四文字を
使ったキャッチコピーを伝授します!




では、例文をご覧ください。


★━━━━━━−−−−−−−

「早朝起業」

(祥伝社より引用)


「営業戦術」


「会話理論」

…etc.

−−−−−−−━━━━━━★


テンプレートにすると

「漢字四文字」

となります。




テンプレートは無理矢理
書きましたけど、すいません、
このキャッチコピーのちゃんとした
テンプレート化は実質不可能ですw

CC道場が始まって以来の
大事件ですね(笑)


このキャッチコピーは
漢字四文字で表現すること、
そのものが大切なのであって、

この後説明しますが、
サブキャッチピーに
つながるものでしたら意味は
深く考え過ぎなくてもOKです。



では、今ちらっと登場した
サブキャッチコピーについて
解説しますね。



漢字四文字だけでは
さすがに情報量に
限界がありますから、

その後、続けてそれを
補足するフレーズが必要です。


例えば、例文にある「早朝起業」の
サブキャッチコピーとしては、

“〈朝の生産性〉はふだんの6倍!”

(祥伝社より引用)

という表現が使われていました。



ぜひ、参考にしてください。



─────────────────────
▽当メルマガ掲載の無料案件について
─────────────────────

メルマガ内で紹介している無料案件には
未検証のものを含まれます。

もし詐欺案件があった場合はご一報ください。

主催者に厳重に抗議いたします。
また金銭的損害を受けたという場合は
出来るだけ返金交渉も
お手伝いさせていただきます。




いつも最後までお読みいただきありがとうございます

感謝いたします。